万葉集3503番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3503番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3503番について

歌番号

3503番

原文

安齊可我多|志保悲乃由多尓|於毛敝良婆|宇家良我波奈乃|伊呂尓弖米也母

訓読

安齊可潟潮干のゆたに思へらばうけらが花の色に出めやも

かな読み

あせかがた|しほひのゆたに|おもへらば|うけらがはなの|いろにでめやも

カタカナ読み

アセカガタ|シホヒノユタニ|オモヘラバ|ウケラガハナノ|イロニデメヤモ

ローマ字読み|大文字

ASEKAGATA|SHIHOHINOYUTANI|OMOHERABA|UKERAGAHANANO|IRONIDEMEYAMO

ローマ字読み|小文字

asekagata|shihohinoyutani|omoheraba|ukeragahanano|ironidemeyamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

東歌|相聞|地名|植物|恋情|序詞

校異

特に無し

寛永版本

あせかがた,[寛]あさかかた,
しほひのゆたに[寛],
おもへらば,[寛]おもへらは,
うけらがはなの,[寛]うけらかはなの,
いろにでめやも,[寛]いろにてめやも,

巻数

第14巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました