万葉集3387番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3387番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3387番について

歌番号

3387番

原文

安能於登世受|由可牟古馬母我|可豆思加乃|麻末乃都藝波思|夜麻受可欲波牟

訓読

足の音せず行かむ駒もが葛飾の真間の継橋やまず通はむ

かな読み

あのおとせず|ゆかむこまもが|かづしかの|ままのつぎはし|やまずかよはむ

カタカナ読み

アノオトセズ|ユカムコマモガ|カヅシカノ|ママノツギハシ|ヤマズカヨハム

ローマ字読み|大文字

ANOTOSEZU|YUKAMUKOMAMOGA|KAZUSHIKANO|MAMANOTSUGIHASHI|YAMAZUKAYOHAMU

ローマ字読み|小文字

anotosezu|yukamukomamoga|kazushikano|mamanotsugihashi|yamazukayohamu

左注|左註

右四首下総國歌

事項|分類・ジャンル

東歌|相聞|千葉県|地名|葛飾|市川|恋情

校異

豆【元】【類】(塙)都

寛永版本

あのおとせず,[寛]あのおとせす,
ゆかむこまもが,[寛]ゆかむこまもか,
かづしかの,[寛]かつしかの,
ままのつぎはし,[寛]ままのつきはし,
やまずかよはむ,[寛]やますかよはむ,

巻数

第14巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました