万葉集3470番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3470番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3470番について

歌番号

3470番

原文

安比見弖波|千等世夜伊奴流|伊奈乎加<母>|安礼也思加毛布|伎美末知我弖尓|[柿本朝臣人麻呂歌集出也]

訓読

相見ては千年やいぬるいなをかも我れやしか思ふ君待ちがてに|[柿本朝臣人麻呂歌集出也]

かな読み

あひみては|ちとせやいぬる|いなをかも|あれやしかもふ|きみまちがてに

カタカナ読み

アヒミテハ|チトセヤイヌル|イナヲカモ|アレヤシカモフ|キミマチガテニ

ローマ字読み|大文字

AHIMITEHA|CHITOSEYAINURU|INAOKAMO|AREYASHIKAMOFU|KIMIMACHIGATENI

ローマ字読み|小文字

ahimiteha|chitoseyainuru|inaokamo|areyashikamofu|kimimachigateni

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

東歌|相聞|女歌|恋情

校異

毛->母【類】【紀】

寛永版本

あひみては[寛],
ちとせやいぬる[寛],
いなをかも[寛],
あれやしかもふ[寛],
きみまちがてに,[寛]きみまちかてに,

巻数

第14巻

作者

柿本人麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました