万葉集3518番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3518番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3518番について

歌番号

3518番

原文

伊波能倍尓|伊可賀流久毛能|可努麻豆久|比等曽於多波布|伊射祢之賣刀良

訓読

岩の上にいかかる雲のかのまづく人ぞおたはふいざ寝しめとら

かな読み

いはのへに|いかかるくもの|かのまづく|ひとぞおたはふ|いざねしめとら

カタカナ読み

イハノヘニ|イカカルクモノ|カノマヅク|ヒトゾオタハフ|イザネシメトラ

ローマ字読み|大文字

IHANOHENI|IKAKARUKUMONO|KANOMAZUKU|HITOZOTAHAFU|IZANESHIMETORA

ローマ字読み|小文字

ihanoheni|ikakarukumono|kanomazuku|hitozotahafu|izaneshimetora

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

東歌|相聞|序詞|恋情

校異

特に無し

寛永版本

いはのへに[寛],
いかかるくもの[寛],
かのまづく,[寛]かぬまつく,
ひとぞおたはふ,[寛]ひとそおたはふ,
いざねしめとら,[寛]いさねしめとら,

巻数

第14巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました