万葉集3377番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3377番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3377番について

歌番号

3377番

原文

武蔵野乃|久佐波母呂武吉|可毛可久母|伎美我麻尓末尓|吾者余利尓思乎

訓読

武蔵野の草葉もろ向きかもかくも君がまにまに我は寄りにしを

かな読み

むざしのの|くさはもろむき|かもかくも|きみがまにまに|わはよりにしを

カタカナ読み

ムザシノノ|クサハモロムキ|カモカクモ|キミガマニマニ|ワハヨリニシヲ

ローマ字読み|大文字

MUZASHINONO|KUSAHAMOROMUKI|KAMOKAKUMO|KIMIGAMANIMANI|WAHAYORINISHIO

ローマ字読み|小文字

muzashinono|kusahamoromuki|kamokakumo|kimigamanimani|wahayorinishio

左注|左註

右九首武蔵國歌

事項|分類・ジャンル

東歌|相聞|埼玉県|東京都|地名|女歌|怨恨|恋情|序詞

校異

特に無し

寛永版本

むざしのの,[寛]むさしのの,
くさはもろむき[寛],
かもかくも[寛],
きみがまにまに,[寛]きみかまにまに,
わはよりにしを,[寛]われはよりにしを,

巻数

第14巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました