万葉集3467番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3467番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3467番について

歌番号

3467番

原文

於久夜麻能|真木乃伊多度乎|等杼登之弖|和<我>比良可武尓|伊利伎弖奈左祢

訓読

奥山の真木の板戸をとどとして我が開かむに入り来て寝さね

かな読み

おくやまの|まきのいたとを|とどとして|わがひらかむに|いりきてなさね

カタカナ読み

オクヤマノ|マキノイタトヲ|トドトシテ|ワガヒラカムニ|イリキテナサネ

ローマ字読み|大文字

OKUYAMANO|MAKINOITATO|TODOTOSHITE|WAGAHIRAKAMUNI|IRIKITENASANE

ローマ字読み|小文字

okuyamano|makinoitato|todotoshite|wagahirakamuni|irikitenasane

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

東歌|相聞|妻問媿|恋愛

校異

我【西(上書訂正)】【元】【類】【古】【紀】

寛永版本

おくやまの[寛],
まきのいたとを[寛],
とどとして,[寛]とととして,
わがひらかむに,[寛]わかひらかむに,
いりきてなさね[寛],

巻数

第14巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました