万葉集3472番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3472番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3472番について

歌番号

3472番

原文

比登豆麻等|安是可曽乎伊波牟|志可良<婆>加|刀奈里乃伎奴乎|可里弖伎奈波毛

訓読

人妻とあぜかそを言はむしからばか隣の衣を借りて着なはも

かな読み

ひとづまと|あぜかそをいはむ|しからばか|となりのきぬを|かりてきなはも

カタカナ読み

ヒトヅマト|アゼカソヲイハム|シカラバカ|トナリノキヌヲ|カリテキナハモ

ローマ字読み|大文字

HITOZUMATO|AZEKASOIHAMU|SHIKARABAKA|TONARINOKINUO|KARITEKINAHAMO

ローマ字読み|小文字

hitozumato|azekasoihamu|shikarabaka|tonarinokinuo|karitekinahamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

東歌|相聞|怨恨|恋情

校異

波->婆【元】【紀】【古】

寛永版本

ひとづまと,[寛]ひとつまと,
あぜかそをいはむ,[寛]あせかそをいはむ,
しからばか,[寛]しからはか,
となりのきぬを[寛],
かりてきなはも[寛],

巻数

第14巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました