万葉集3393番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3393番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3393番について

歌番号

3393番

原文

筑波祢乃|乎弖毛許能母尓|毛利敝須恵|波播已毛礼杼母|多麻曽阿比尓家留

訓読

筑波嶺のをてもこのもに守部据ゑ母い守れども魂ぞ会ひにける

かな読み

つくはねの|をてもこのもに|もりへすゑ|ははいもれども|たまぞあひにける

カタカナ読み

ツクハネノ|ヲテモコノモニ|モリヘスヱ|ハハイモレドモ|タマゾアヒニケル

ローマ字読み|大文字

TSUKUHANENO|OTEMOKONOMONI|MORIHESUE|HAHAIMOREDOMO|TAMAZOAHINIKERU

ローマ字読み|小文字

tsukuhaneno|otemokonomoni|morihesue|hahaimoredomo|tamazoahinikeru

左注|左註

右十首常陸國歌

事項|分類・ジャンル

東歌|相聞|茨城県|地名|筑波山|女歌|恋情

校異

特に無し

寛永版本

つくはねの[寛],
をてもこのもに[寛],
もりへすゑ[寛],
ははいもれども,[寛]ははこもれとも,
たまぞあひにける,[寛]たまそあひにける,

巻数

第14巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました