万葉集3519番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3519番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3519番について

歌番号

3519番

原文

奈我波伴尓|己良例安波由久|安乎久毛能|伊弖来和伎母兒|安必見而由可武

訓読

汝が母に嘖られ我は行く青雲の出で来我妹子相見て行かむ

かな読み

ながははに|こられあはゆく|あをくもの|いでこわぎもこ|あひみてゆかむ

カタカナ読み

ナガハハニ|コラレアハユク|アヲクモノ|イデコワギモコ|アヒミテユカム

ローマ字読み|大文字

NAGAHAHANI|KORAREAHAYUKU|AOKUMONO|IDEKOWAGIMOKO|AHIMITEYUKAMU

ローマ字読み|小文字

nagahahani|korareahayuku|aokumono|idekowagimoko|ahimiteyukamu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

東歌|相聞|恋情

校異

特に無し

寛永版本

ながははに,[寛]なかははに,
こられあはゆく[寛],
あをくもの[寛],
いでこわぎもこ,[寛]いてこわきもこ,
あひみてゆかむ[寛],

巻数

第14巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました