万葉集3443番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3443番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3443番について

歌番号

3443番

原文

宇良毛奈久|和我由久美知尓|安乎夜宜乃|波里弖多弖礼波|物能毛比弖都母

訓読

うらもなく我が行く道に青柳の張りて立てれば物思ひ出つも

かな読み

うらもなく|わがゆくみちに|あをやぎの|はりてたてれば|ものもひでつも

カタカナ読み

ウラモナク|ワガユクミチニ|アヲヤギノ|ハリテタテレバ|モノモヒデツモ

ローマ字読み|大文字

URAMONAKU|WAGAYUKUMICHINI|AOYAGINO|HARITETATEREBA|MONOMOHIDETSUMO

ローマ字読み|小文字

uramonaku|wagayukumichini|aoyagino|haritetatereba|monomohidetsumo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

東歌|雑歌|植物|羈旅|望郷

校異

弖【元】【類】【古】豆

寛永版本

うらもなく[寛],
わがゆくみちに,[寛]わかゆくみちに,
あをやぎの,[寛]あをやきの,
はりてたてれば,[寛]はりてたてれは,
ものもひでつも,[寛]ものもひつつも,

巻数

第14巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました