万葉集3498番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3498番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3498番について

歌番号

3498番

原文

宇奈波良乃|根夜波良古須氣|安麻多安礼婆|伎美波和須良酒|和礼和須流礼夜

訓読

海原の根柔ら小菅あまたあれば君は忘らす我れ忘るれや

かな読み

うなはらの|ねやはらこすげ|あまたあれば|きみはわすらす|われわするれや

カタカナ読み

ウナハラノ|ネヤハラコスゲ|アマタアレバ|キミハワスラス|ワレワスルレヤ

ローマ字読み|大文字

UNAHARANO|NEYAHARAKOSUGE|AMATAAREBA|KIMIHAWASURASU|WAREWASURUREYA

ローマ字読み|小文字

unaharano|neyaharakosuge|amataareba|kimihawasurasu|warewasurureya

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

東歌|相聞|植物|譬喩|女歌|怨恨|恋情

校異

特に無し

寛永版本

うなはらの[寛],
ねやはらこすげ,[寛]ねやはらこすけ,
あまたあれば,[寛]あまたあれは,
きみはわすらす[寛],
われわするれや,[寛]われはするれや,

巻数

第14巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました