万葉集3407番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3407番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3407番について

歌番号

3407番

原文

可美都氣努|麻具波思麻度尓|安佐日左指|麻伎良波之母奈|安利都追見礼婆

訓読

上つ毛野まぐはしまとに朝日さしまきらはしもなありつつ見れば

かな読み

かみつけの|まぐはしまとに|あさひさし|まきらはしもな|ありつつみれば

カタカナ読み

カミツケノ|マグハシマトニ|アサヒサシ|マキラハシモナ|アリツツミレバ

ローマ字読み|大文字

KAMITSUKENO|MAGUHASHIMATONI|ASAHISASHI|MAKIRAHASHIMONA|ARITSUTSUMIREBA

ローマ字読み|小文字

kamitsukeno|maguhashimatoni|asahisashi|makirahashimona|aritsutsumireba

左注|左註

右廿二首上野國歌

事項|分類・ジャンル

東歌|相聞|群馬県|地名|序詞|恋愛|逢会

校異

特に無し

寛永版本

かみつけの[寛],
まぐはしまとに,[寛]まくはしまとに,
あさひさし[寛],
まきらはしもな[寛],
ありつつみれば,[寛]ありつつみれは,

巻数

第14巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました