万葉集3399番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3399番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3399番について

歌番号

3399番

原文

信濃道者|伊麻能波里美知|可里婆祢尓|安思布麻之<奈牟>|久都波氣和我世

訓読

信濃道は今の墾り道刈りばねに足踏ましなむ沓はけ我が背

かな読み

しなぬぢは|いまのはりみち|かりばねに|あしふましなむ|くつはけわがせ

カタカナ読み

シナヌヂハ|イマノハリミチ|カリバネニ|アシフマシナム|クツハケワガセ

ローマ字読み|大文字

SHINANUJIHA|IMANOHARIMICHI|KARIBANENI|ASHIFUMASHINAMU|KUTSUHAKEWAGASE

ローマ字読み|小文字

shinanujiha|imanoharimichi|karibaneni|ashifumashinamu|kutsuhakewagase

左注|左註

右四首信濃國歌

事項|分類・ジャンル

東歌|相聞|長野県|女歌|木曽路|地名|恋愛

校異

牟奈->奈牟【元】

寛永版本

しなぬぢは,[寛]しなのちは,
いまのはりみち[寛],
かりばねに,[寛]かりはねに,
あしふましなむ,[寛]あしふましむな,
くつはけわがせ,[寛]くつはけわかせ,

巻数

第14巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました