万葉集3405S番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3405S番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3405S番について

歌番号

3405異伝歌番

原文

可美都氣乃|乎野乃多杼里我|安波治尓母|世奈波安波奈母|美流比登奈思尓

訓読

上つ毛野小野の多杼里があはぢにも背なは逢はなも見る人なしに

かな読み

かみつけの|をののたどりが|あはぢにも|せなはあはなも|みるひとなしに

カタカナ読み

カミツケノ|ヲノノタドリガ|アハヂニモ|セナハアハナモ|ミルヒトナシニ

ローマ字読み|大文字

KAMITSUKENO|ONONOTADORIGA|AHAJINIMO|SENAHAAHANAMO|MIRUHITONASHINI

ローマ字読み|小文字

kamitsukeno|ononotadoriga|ahajinimo|senahaahanamo|miruhitonashini

左注|左註

右廿二首上野國歌

事項|分類・ジャンル

東歌|相聞|群馬県|地名|女歌|恋情

校異

特に無し

寛永版本

かみつけの[寛],
をののたどりが,[寛]をののたとりか,
あはぢにも,[寛]あはちにも,
せなはあはなも[寛],
みるひとなしに[寛],

巻数

第14巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました