万葉集3375番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3375番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3375番について

歌番号

3375番

原文

武蔵野乃|乎具奇我吉藝志|多知和可礼|伊尓之与比欲利|世呂尓安波奈布与

訓読

武蔵野のをぐきが雉立ち別れ去にし宵より背ろに逢はなふよ

かな読み

むざしのの|をぐきがきぎし|たちわかれ|いにしよひより|せろにあはなふよ

カタカナ読み

ムザシノノ|ヲグキガキギシ|タチワカレ|イニシヨヒヨリ|セロニアハナフヨ

ローマ字読み|大文字

MUZASHINONO|OGUKIGAKIGISHI|TACHIWAKARE|INISHIYOHIYORI|SERONIAHANAFUYO

ローマ字読み|小文字

muzashinono|ogukigakigishi|tachiwakare|inishiyohiyori|seroniahanafuyo

左注|左註

右九首武蔵國歌

事項|分類・ジャンル

東歌|相聞|埼玉県|東京都|地名|動物|序詞|女歌|悲別|恋情

校異

特に無し

寛永版本

むざしのの,[寛]むさしのの,
をぐきがきぎし,[寛]をくきかきけし,
たちわかれ[寛],
いにしよひより[寛],
せろにあはなふよ[寛],

巻数

第14巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました