万葉集3363番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3363番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3363番について

歌番号

3363番

原文

和我世古乎|夜麻登敝夜利弖|麻都之太須|安思我良夜麻乃|須疑乃木能末可

訓読

我が背子を大和へ遣りて待つしだす足柄山の杉の木の間か

かな読み

わがせこを|やまとへやりて|まつしだす|あしがらやまの|すぎのこのまか

カタカナ読み

ワガセコヲ|ヤマトヘヤリテ|マツシダス|アシガラヤマノ|スギノコノマカ

ローマ字読み|大文字

WAGASEKO|YAMATOHEYARITE|MATSUSHIDASU|ASHIGARAYAMANO|SUGINOKONOMAKA

ローマ字読み|小文字

wagaseko|yamatoheyarite|matsushidasu|ashigarayamano|suginokonomaka

左注|左註

右十二首相模國歌

事項|分類・ジャンル

東歌|相聞|神奈川県|女歌|別離|悲別|地名|足柄|掛詞

校異

特に無し

寛永版本

わがせこを,[寛]わかせこを,
やまとへやりて[寛],
まつしだす,[寛]まつしたす,
あしがらやまの,[寛]あしからやまの,
すぎのこのまか,[寛]すきのこのまか,

巻数

第14巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました