万葉集3511番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3511番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3511番について

歌番号

3511番

原文

安乎祢呂尓|多奈婢久君母能|伊佐欲比尓|物能乎曽於毛布|等思乃許能己呂

訓読

青嶺ろにたなびく雲のいさよひに物をぞ思ふ年のこのころ

かな読み

あをねろに|たなびくくもの|いさよひに|ものをぞおもふ|としのこのころ

カタカナ読み

アヲネロニ|タナビククモノ|イサヨヒニ|モノヲゾオモフ|トシノコノコロ

ローマ字読み|大文字

AONERONI|TANABIKUKUMONO|ISAYOHINI|MONOZOMOFU|TOSHINOKONOKORO

ローマ字読み|小文字

aoneroni|tanabikukumono|isayohini|monozomofu|toshinokonokoro

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

東歌|相聞|恋情

校異

特に無し

寛永版本

あをねろに[寛],
たなびくくもの,[寛]たなひくくもの,
いさよひに[寛],
ものをぞおもふ,[寛]ものあをそおもふ,
としのこのころ[寛],

巻数

第14巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました