万葉集2996番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2996番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2996番について

歌番号

2996番

原文

白香付|木綿者花物|事社者|何時之真枝毛|常不所忘

訓読

しらかつく木綿は花もの言こそばいつのまえだも常忘らえね

かな読み

しらかつく|ゆふははなもの|ことこそば|いつのまえだも|つねわすらえね

カタカナ読み

シラカツク|ユフハハナモノ|コトコソバ|イツノマエダモ|ツネワスラエネ

ローマ字読み|大文字

SHIRAKATSUKU|YUFUHAHANAMONO|KOTOKOSOBA|ITSUNOMAEDAMO|TSUNEWASURAENE

ローマ字読み|小文字

shirakatsuku|yufuhahanamono|kotokosoba|itsunomaedamo|tsunewasuraene

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

植物|枕詞|怨恨

校異

枝【万葉考】(塙)(楓)坂

寛永版本

しらかつく[寛],
ゆふははなもの,[寛]ゆふははなかも,
ことこそば,[寛]ことこそは,
いつのまえだも,[寛]いつのさねきも,
つねわすらえね,[寛]つねわすられね,

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました