万葉集3144番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3144番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3144番について

歌番号

3144番

原文

客夜之|久成者|左丹頬合|紐開不離|戀流比日

訓読

旅の夜の久しくなればさ丹つらふ紐解き放けず恋ふるこのころ

かな読み

たびのよの|ひさしくなれば|さにつらふ|ひもときさけず|こふるこのころ

カタカナ読み

タビノヨノ|ヒサシクナレバ|サニツラフ|ヒモトキサケズ|コフルコノコロ

ローマ字読み|大文字

TABINOYONO|HISASHIKUNAREBA|SANITSURAFU|HIMOTOKISAKEZU|KOFURUKONOKORO

ローマ字読み|小文字

tabinoyono|hisashikunareba|sanitsurafu|himotokisakezu|kofurukonokoro

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

羈旅|枕詞|恋情|望郷

校異

特に無し

寛永版本

たびのよの,[寛]たひのよの,
ひさしくなれば,[寛]ひさしくなれは,
さにつらふ[寛],
ひもときさけず,[寛]ひもときさけす,
こふるこのころ[寛],

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました