万葉集3015番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3015番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3015番について

歌番号

3015番

原文

如神|所聞瀧之|白浪乃|面知君之|不所見比日

訓読

神のごと聞こゆる瀧の白波の面知る君が見えぬこのころ

かな読み

かみのごと|きこゆるたきの|しらなみの|おもしるきみが|みえぬこのころ

カタカナ読み

カミノゴト|キコユルタキノ|シラナミノ|オモシルキミガ|ミエヌコノコロ

ローマ字読み|大文字

KAMINOGOTO|KIKOYURUTAKINO|SHIRANAMINO|OMOSHIRUKIMIGA|MIENUKONOKORO

ローマ字読み|小文字

kaminogoto|kikoyurutakino|shiranamino|omoshirukimiga|mienukonokoro

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

序詞|女歌|恋愛

校異

特に無し

寛永版本

かみのごと,[寛]かみのこと,
きこゆるたきの[寛],
しらなみの[寛],
おもしるきみが,[寛]おもしるきみか,
みえぬこのころ[寛],

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました