万葉集3175番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3175番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3175番について

歌番号

3175番

原文

若乃浦尓|袖左倍<沾>而|忘貝|拾杼妹者|不所忘尓

訓読

和歌の浦に袖さへ濡れて忘れ貝拾へど妹は忘らえなくに

かな読み

わかのうらに|そでさへぬれて|わすれがひ|ひりへどいもは|わすらえなくに

カタカナ読み

ワカノウラニ|ソデサヘヌレテ|ワスレガヒ|ヒリヘドイモハ|ワスラエナクニ

ローマ字読み|大文字

WAKANORANI|SODESAHENURETE|WASUREGAHI|HIRIHEDOIMOHA|WASURAENAKUNI

ローマ字読み|小文字

wakanorani|sodesahenurete|wasuregahi|hirihedoimoha|wasuraenakuni

左注|左註

[或本歌末句云|忘可祢都母]

事項|分類・ジャンル

地名|和歌山|異伝|恋情|望郷

校異

若乃【元】【類】(塙)(楓)若|沽->沾【京】

寛永版本

わかのうらに[寛],
そでさへぬれて,[寛]そてさへぬれて,
わすれがひ,[寛]わすれかひ,
ひりへどいもは,[寛]ひろへといもは,
わすらえなくに,[寛]わすられなくに,

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました