万葉集2998番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2998番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2998番について

歌番号

2998番

原文

湊入之|葦別小船|障多|今来吾乎|不通跡念莫

訓読

港入りの葦別け小舟障り多み今来む我れを淀むと思ふな

かな読み

みなといりの|あしわけをぶね|さはりおほみ|いまこむわれを|よどむとおもふな

カタカナ読み

ミナトイリノ|アシワケヲブネ|サハリオホミ|イマコムワレヲ|ヨドムトオモフナ

ローマ字読み|大文字

MINATOIRINO|ASHIWAKEOBUNE|SAHARIOHOMI|IMAKOMUWAREO|YODOMUTOMOFUNA

ローマ字読み|小文字

minatoirino|ashiwakeobune|sahariohomi|imakomuwareo|yodomutomofuna

左注|左註

或本歌曰|湊入尓|蘆別小船|障多|君尓不相而|年曽經来

事項|分類・ジャンル

序詞|恋情|植物

校異

特に無し

寛永版本

みなといりの[寛],
あしわけをぶね,[寛]あしわけをふね,
さはりおほみ[寛],
いまこむわれを,[寛]いまくるわれを,
よどむとおもふな,[寛]こすとおもふな,

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました