万葉集3195番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3195番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3195番について

歌番号

3195番

原文

磐城山|直越来益|礒埼|許奴美乃濱尓|吾立将待

訓読

磐城山直越え来ませ礒崎の許奴美の浜に我れ立ち待たむ

かな読み

いはきやま|ただこえきませ|いそさきの|こぬみのはまに|われたちまたむ

カタカナ読み

イハキヤマ|タダコエキマセ|イソサキノ|コヌミノハマニ|ワレタチマタム

ローマ字読み|大文字

IHAKIYAMA|TADAKOEKIMASE|ISOSAKINO|KONUMINOHAMANI|WARETACHIMATAMU

ローマ字読み|小文字

ihakiyama|tadakoekimase|isosakino|konuminohamani|waretachimatamu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

地名|静岡県|女歌|恋情|羈旅

校異

特に無し

寛永版本

いはきやま[寛],
ただこえきませ,[寛]たたこえきませ,
いそさきの[寛],
こぬみのはまに[寛],
われたちまたむ[寛],

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました