万葉集2980番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2980番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2980番について

歌番号

2980番

原文

犬馬鏡|見不飽妹尓|不相而|月之經去者|生友名師

訓読

まそ鏡見飽かぬ妹に逢はずして月の経ゆけば生けりともなし

かな読み

まそかがみ|みあかぬいもに|あはずして|つきのへゆけば|いけりともなし

カタカナ読み

マソカガミ|ミアカヌイモニ|アハズシテ|ツキノヘユケバ|イケリトモナシ

ローマ字読み|大文字

MASOKAGAMI|MIAKANUIMONI|AHAZUSHITE|TSUKINOHEYUKEBA|IKERITOMONASHI

ローマ字読み|小文字

masokagami|miakanuimoni|ahazushite|tsukinoheyukeba|ikeritomonashi

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

鏡|枕詞|恋情

校異

特に無し

寛永版本

まそかがみ,[寛]まそかかみ,
みあかぬいもに[寛],
あはずして,[寛]あはすして,
つきのへゆけば,[寛]つきのへゆけは,
いけりともなし[寛],

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました