万葉集3118番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3118番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3118番について

歌番号

3118番

原文

門立而|戸者雖闔|盗人之|穿穴従|入而所見牟

訓読

門立てて戸は閉したれど盗人の穿れる穴より入りて見えけむ

かな読み

かどたてて|とはさしたれど|ぬすびとの|ほれるあなより|いりてみえけむ

カタカナ読み

カドタテテ|トハサシタレド|ヌスビトノ|ホレルアナヨリ|イリテミエケム

ローマ字読み|大文字

KADOTATETE|TOHASASHITAREDO|NUSUBITONO|HORERUANAYORI|IRITEMIEKEMU

ローマ字読み|小文字

kadotatete|tohasashitaredo|nusubitono|horeruanayori|iritemiekemu

左注|左註

右二首

事項|分類・ジャンル

恋情|女歌

校異

特に無し

寛永版本

かどたてて,[寛]かとたてて,
とはさしたれど,[寛]とはさしたれと,
ぬすびとの,[寛]ぬすひとの,
ほれるあなより,[寛]ゑれるあなより,
いりてみえけむ[寛],

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました