万葉集2865番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2865番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2865番について

歌番号

2865番

原文

玉釼|巻宿妹母|有者許増|夜之長毛|歡有倍吉

訓読

玉釧まき寝る妹もあらばこそ夜の長けくも嬉しくあるべき

かな読み

たまくしろ|まきぬるいもも|あらばこそ|よのながけくも|うれしくあるべき

カタカナ読み

タマクシロ|マキヌルイモモ|アラバコソ|ヨノナガケクモ|ウレシクアルベキ

ローマ字読み|大文字

TAMAKUSHIRO|MAKINURUIMOMO|ARABAKOSO|YONONAGAKEKUMO|URESHIKUARUBEKI

ローマ字読み|小文字

tamakushiro|makinuruimomo|arabakoso|yononagakekumo|ureshikuarubeki

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

恋愛

校異

特に無し

寛永版本

たまくしろ,[寛]たまつるき,
まきぬるいもも[寛],
あらばこそ,[寛]あらはこそ,
よのながけくも,[寛]よのなかけきも,
うれしくあるべき,[寛]うれしかるへき,

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました