万葉集2957番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2957番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2957番について

歌番号

2957番

原文

従今者|雖戀妹尓|将相<哉>母|床邊不離|夢<尓>所見乞

訓読

今よりは恋ふとも妹に逢はめやも床の辺去らず夢に見えこそ

かな読み

いまよりは|こふともいもに|あはめやも|とこのへさらず|いめにみえこそ

カタカナ読み

イマヨリハ|コフトモイモニ|アハメヤモ|トコノヘサラズ|イメニミエコソ

ローマ字読み|大文字

IMAYORIHA|KOFUTOMOIMONI|AHAMEYAMO|TOKONOHESARAZU|IMENIMIEKOSO

ローマ字読み|小文字

imayoriha|kofutomoimoni|ahameyamo|tokonohesarazu|imenimiekoso

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

恋情

校異

哉乃->哉【元】【紀】【細】【温】|->尓【元】

寛永版本

いまよりは[寛],
こふともいもに[寛],
あはめやも[寛],
とこのへさらず,[寛]とこのへさらす,
いめにみえこそ,[寛]ゆめにみえこそ,

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました