万葉集2925番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2925番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2925番について

歌番号

2925番

原文

緑兒之|為社乳母者|求云|乳飲哉君之|於毛求覧

訓読

みどり子のためこそ乳母は求むと言へ乳飲めや君が乳母求むらむ

かな読み

みどりこの|ためこそおもは|もとむといへ|ちのめやきみが|おももとむらむ

カタカナ読み

ミドリコノ|タメコソオモハ|モトムトイヘ|チノメヤキミガ|オモモトムラム

ローマ字読み|大文字

MIDORIKONO|TAMEKOSOMOHA|MOTOMUTOIHE|CHINOMEYAKIMIGA|OMOMOTOMURAMU

ローマ字読み|小文字

midorikono|tamekosomoha|motomutoihe|chinomeyakimiga|omomotomuramu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

恋愛|女歌|戯歌

校異

社【西(訂正)】杜

寛永版本

みどりこの,[寛]みとりこし,
ためこそおもは,[寛]すもりめのとは,
もとむといへ,[寛]もとむてふ,
ちのめやきみが,[寛]ちのめやきみか,
おももとむらむ[寛],

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました