万葉集3163番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3163番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3163番について

歌番号

3163番

原文

吾妹兒尓|觸者無二|荒礒廻尓|吾衣手者|所<沾>可母

訓読

我妹子に触るとはなしに荒礒廻に我が衣手は濡れにけるかも

かな読み

わぎもこに|ふるとはなしに|ありそみに|わがころもでは|ぬれにけるかも

カタカナ読み

ワギモコニ|フルトハナシニ|アリソミニ|ワガコロモデハ|ヌレニケルカモ

ローマ字読み|大文字

WAGIMOKONI|FURUTOHANASHINI|ARISOMINI|WAGAKOROMODEHA|NURENIKERUKAMO

ローマ字読み|小文字

wagimokoni|furutohanashini|arisomini|wagakoromodeha|nurenikerukamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

羈旅|恋情|望郷

校異

沽->沾【京】

寛永版本

わぎもこに,[寛]わきもこに,
ふるとはなしに[寛],
ありそみに,[寛]あらそわに,
わがころもでは,[寛]わかころもては,
ぬれにけるかも[寛],

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました