万葉集3181番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3181番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3181番について

歌番号

3181番

原文

白細之|君之下紐|吾<左>倍尓|今日結而名|将相日之為

訓読

白栲の君が下紐我れさへに今日結びてな逢はむ日のため

かな読み

しろたへの|きみがしたびも|われさへに|けふむすびてな|あはむひのため

カタカナ読み

シロタヘノ|キミガシタビモ|ワレサヘニ|ケフムスビテナ|アハムヒノタメ

ローマ字読み|大文字

SHIROTAHENO|KIMIGASHITABIMO|WARESAHENI|KEFUMUSUBITENA|AHAMUHINOTAME

ローマ字読み|小文字

shirotaheno|kimigashitabimo|waresaheni|kefumusubitena|ahamuhinotame

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

枕詞|女歌|恋情|別悞

校異

佐->左【元】【類】

寛永版本

しろたへの[寛],
きみがしたびも,[寛]きみかしたひも,
われさへに[寛],
けふむすびてな,[寛]けふむすひてな,
あはむひのため[寛],

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました