万葉集2881番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2881番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2881番について

歌番号

2881番

原文

立而居|為便乃田時毛|今者無|妹尓不相而|月之經去者|[或本歌曰|君之目不見而|月之經去者]

訓読

立ちて居てすべのたどきも今はなし妹に逢はずて月の経ぬれば|[或本歌曰|君が目見ずて月の経ぬれば]

かな読み

たちてゐて|すべのたどきも|いまはなし|いもにあはずて|つきのへぬれば|[きみがめみずて|つきのへぬれば]

カタカナ読み

タチテヰテ|スベノタドキモ|イマハナシ|イモニアハズテ|ツキノヘヌレバ|[キミガメミズテ|ツキノヘヌレバ]

ローマ字読み|大文字

TACHITEITE|SUBENOTADOKIMO|IMAHANASHI|IMONIAHAZUTE|TSUKINOHENUREBA|[KIMIGAMEMIZUTE|TSUKINOHENUREBA]

ローマ字読み|小文字

tachiteite|subenotadokimo|imahanashi|imoniahazute|tsukinohenureba|[kimigamemizute|tsukinohenureba]

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

異伝|恋情

校異

特に無し

寛永版本

たちてゐて,[寛]たちてゐる,
すべのたどきも,[寛]すへのたときも,
いまはなし[寛],
いもにあはずて,[寛]いもにあはすて,
つきのへぬれば,[寛]つきのへゆけは,
[きみがめみずて,[寛]きみかめみすて,
つきのへぬれば],[寛]つきのへゆけは,

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました