万葉集3123番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3123番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3123番について

歌番号

3123番

原文

直獨|宿杼宿不得而|白細|袖乎笠尓著|沾乍曽来

訓読

ただひとり寝れど寝かねて白栲の袖を笠に着濡れつつぞ来し

かな読み

ただひとり|ぬれどねかねて|しろたへの|そでをかさにき|ぬれつつぞこし

カタカナ読み

タダヒトリ|ヌレドネカネテ|シロタヘノ|ソデヲカサニキ|ヌレツツゾコシ

ローマ字読み|大文字

TADAHITORI|NUREDONEKANETE|SHIROTAHENO|SODEOKASANIKI|NURETSUTSUZOKOSHI

ローマ字読み|小文字

tadahitori|nuredonekanete|shirotaheno|sodeokasaniki|nuretsutsuzokoshi

左注|左註

右二首

事項|分類・ジャンル

枕詞|恋情|難渋

校異

特に無し

寛永版本

ただひとり,[寛]たたひとり,
ぬれどねかねて,[寛]ぬれとねかねて,
しろたへの[寛],
そでをかさにき,[寛]そてをかさにき,
ぬれつつぞこし,[寛]ぬれつつそくる,

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました