万葉集2849番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2849番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2849番について

歌番号

2849番

原文

烏玉|彼夢|見継哉|袖乾日無|吾戀矣

訓読

ぬばたまのその夢にだに見え継ぐや袖干る日なく我れは恋ふるを

かな読み

ぬばたまの|そのいめにだに|みえつぐや|そでふるひなく|あれはこふるを

カタカナ読み

ヌバタマノ|ソノイメニダニ|ミエツグヤ|ソデフルヒナク|アレハコフルヲ

ローマ字読み|大文字

NUBATAMANO|SONOIMENIDANI|MIETSUGUYA|SODEFURUHINAKU|AREHAKOFURUO

ローマ字読み|小文字

nubatamano|sonoimenidani|mietsuguya|sodefuruhinaku|arehakofuruo

左注|左註

右廿三首柿本朝臣人麻呂之歌集出

事項|分類・ジャンル

略体|枕詞|恋情

校異

特に無し

寛永版本

ぬばたまの,[寛]ぬはたまの,
そのいめにだに,[寛]そのよのゆめに,
みえつぐや,[寛]みつききや,
そでふるひなく,[寛]そてほすひなき,
あれはこふるを,[寛]わかこふらくを,

巻数

第12巻

作者

柿本人麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました