万葉集3115番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3115番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3115番について

歌番号

3115番

原文

氣緒尓|言氣築之|妹尚乎|人妻有跡|聞者悲毛

訓読

息の緒に我が息づきし妹すらを人妻なりと聞けば悲しも

かな読み

いきのをに|わがいきづきし|いもすらを|ひとづまなりと|きけばかなしも

カタカナ読み

イキノヲニ|ワガイキヅキシ|イモスラヲ|ヒトヅマナリト|キケバカナシモ

ローマ字読み|大文字

IKINONI|WAGAIKIZUKISHI|IMOSURAO|HITOZUMANARITO|KIKEBAKANASHIMO

ローマ字読み|小文字

ikinoni|wagaikizukishi|imosurao|hitozumanarito|kikebakanashimo

左注|左註

右二首

事項|分類・ジャンル

恋情

校異

特に無し

寛永版本

いきのをに[寛],
わがいきづきし,[寛]わかいきつきし,
いもすらを[寛],
ひとづまなりと,[寛]ひとつまありと,
きけばかなしも,[寛]きけはかなしも,

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました