万葉集3200番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3200番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3200番について

歌番号

3200番

原文

飼飯乃浦尓|依流白浪|敷布二|妹之容儀者|所念香毛

訓読

飼飯の浦に寄する白波しくしくに妹が姿は思ほゆるかも

かな読み

けひのうらに|よするしらなみ|しくしくに|いもがすがたは|おもほゆるかも

カタカナ読み

ケヒノウラニ|ヨスルシラナミ|シクシクニ|イモガスガタハ|オモホユルカモ

ローマ字読み|大文字

KEHINORANI|YOSURUSHIRANAMI|SHIKUSHIKUNI|IMOGASUGATAHA|OMOHOYURUKAMO

ローマ字読み|小文字

kehinorani|yosurushiranami|shikushikuni|imogasugataha|omohoyurukamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

地名|淡路|兵庫|序詞|恋情|望郷|羈旅

校異

特に無し

寛永版本

けひのうらに[寛],
よするしらなみ[寛],
しくしくに[寛],
いもがすがたは,[寛]いもかすかたは,
おもほゆるかも[寛],

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました