万葉集3099番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3099番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3099番について

歌番号

3099番

原文

紫草乎|草跡別々|伏鹿之|野者殊異為而|心者同

訓読

紫草を草と別く別く伏す鹿の野は異にして心は同じ

かな読み

むらさきを|くさとわくわく|ふすしかの|のはことにして|こころはおやじ

カタカナ読み

ムラサキヲ|クサトワクワク|フスシカノ|ノハコトニシテ|ココロハオヤジ

ローマ字読み|大文字

MURASAKIO|KUSATOWAKUWAKU|FUSUSHIKANO|NOHAKOTONISHITE|KOKOROHAOYAJI

ローマ字読み|小文字

murasakio|kusatowakuwaku|fusushikano|nohakotonishite|kokorohaoyaji

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

植物|動物|恋情

校異

特に無し

寛永版本

むらさきを[寛],
くさとわくわく,[寛]くさとわけわけ,
ふすしかの[寛],
のはことにして[寛],
こころはおやじ,[寛]こころはおなし,

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました