万葉集3002番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3002番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3002番について

歌番号

3002番

原文

足日木乃|従山出流|月待登|人尓波言而|妹待吾乎

訓読

あしひきの山より出づる月待つと人には言ひて妹待つ我れを

かな読み

あしひきの|やまよりいづる|つきまつと|ひとにはいひて|いもまつわれを

カタカナ読み

アシヒキノ|ヤマヨリイヅル|ツキマツト|ヒトニハイヒテ|イモマツワレヲ

ローマ字読み|大文字

ASHIHIKINO|YAMAYORIIZURU|TSUKIMATSUTO|HITONIHAIHITE|IMOMATSUWAREO

ローマ字読み|小文字

ashihikino|yamayoriizuru|tsukimatsuto|hitonihaihite|imomatsuwareo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

枕詞|恋愛

校異

特に無し

寛永版本

あしひきの[寛],
やまよりいづる,[寛]やまよりいつる,
つきまつと[寛],
ひとにはいひて[寛],
いもまつわれを[寛],

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました