万葉集3083番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3083番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3083番について

歌番号

3083番

原文

戀事|益今者|玉緒之|絶而乱而|可死所念

訓読

恋ふることまされる今は玉の緒の絶えて乱れて死ぬべく思ほゆ

かな読み

こふること|まされるいまは|たまのをの|たえてみだれて|しぬべくおもほゆ

カタカナ読み

コフルコト|マサレルイマハ|タマノヲノ|タエテミダレテ|シヌベクオモホユ

ローマ字読み|大文字

KOFURUKOTO|MASARERUIMAHA|TAMANONO|TAETEMIDARETE|SHINUBEKUOMOHOYU

ローマ字読み|小文字

kofurukoto|masareruimaha|tamanono|taetemidarete|shinubekuomohoyu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

枕詞|恋情

校異

特に無し

寛永版本

こふること[寛],
まされるいまは,[寛]まされはいまは,
たまのをの[寛],
たえてみだれて,[寛]たえてみたれて,
しぬべくおもほゆ,[寛]しぬへくおもほゆ,

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました