万葉集3197番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3197番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3197番について

歌番号

3197番

原文

住吉乃|崖尓向有|淡路嶋|A怜登君乎|不言日者无

訓読

住吉の岸に向へる淡路島あはれと君を言はぬ日はなし

かな読み

すみのえの|きしにむかへる|あはぢしま|あはれときみを|いはぬひはなし

カタカナ読み

スミノエノ|キシニムカヘル|アハヂシマ|アハレトキミヲ|イハヌヒハナシ

ローマ字読み|大文字

SUMINOENO|KISHINIMUKAHERU|AHAJISHIMA|AHARETOKIMIO|IHANUHIHANASHI

ローマ字読み|小文字

suminoeno|kishinimukaheru|ahajishima|aharetokimio|ihanuhihanashi

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

地名|大阪|序詞|兵庫|淡路|恋愛|羈旅

校異

特に無し

寛永版本

すみのえの[寛],
きしにむかへる[寛],
あはぢしま,[寛]あはちしま,
あはれときみを[寛],
いはぬひはなし[寛],

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました