万葉集3096番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3096番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3096番について

歌番号

3096番

原文

柜ゐ越尓|麦咋駒乃|雖詈|猶戀久|思不勝焉

訓読

馬柵越しに麦食む駒の罵らゆれど猶し恋しく思ひかねつも

かな読み

ませごしに|むぎはむこまの|のらゆれど|なほしこひしく|おもひかねつも

カタカナ読み

マセゴシニ|ムギハムコマノ|ノラユレド|ナホシコヒシク|オモヒカネツモ

ローマ字読み|大文字

MASEGOSHINI|MUGIHAMUKOMANO|NORAYUREDO|NAHOSHIKOHISHIKU|OMOHIKANETSUMO

ローマ字読み|小文字

masegoshini|mugihamukomano|norayuredo|nahoshikohishiku|omohikanetsumo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

動物|序詞|恋情

校異

特に無し

寛永版本

ませごしに,[寛]ませこしに,
むぎはむこまの,[寛]むきはむこまの,
のらゆれど,[寛]のらるれと,
なほしこひしく,[寛]なほもこひしく,
おもひかねつも,[寛]おもひかてぬを,

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました