万葉集2930番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2930番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2930番について

歌番号

2930番

原文

生代尓|戀云物乎|相不見者|戀中尓毛|吾曽苦寸

訓読

生ける世に恋といふものを相見ねば恋のうちにも我れぞ苦しき

かな読み

いけるよに|こひといふものを|あひみねば|こひのうちにも|われぞくるしき

カタカナ読み

イケルヨニ|コヒトイフモノヲ|アヒミネバ|コヒノウチニモ|ワレゾクルシキ

ローマ字読み|大文字

IKERUYONI|KOHITOIFUMONO|AHIMINEBA|KOHINOCHINIMO|WAREZOKURUSHIKI

ローマ字読み|小文字

ikeruyoni|kohitoifumono|ahimineba|kohinochinimo|warezokurushiki

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

恋情|女歌

校異

特に無し

寛永版本

いけるよに[寛],
こひといふものを,[寛]こひてふものを,
あひみねば,[寛]あひみねは,
こひのうちにも[寛],
われぞくるしき,[寛]われそくるしき,

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました