万葉集2901番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2901番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2901番について

歌番号

2901番

原文

赤根指|日之暮去者|為便乎無三|千遍嘆而|戀乍曽居

訓読

あかねさす日の暮れゆけばすべをなみ千たび嘆きて恋ひつつぞ居る

かな読み

あかねさす|ひのくれゆけば|すべをなみ|ちたびなげきて|こひつつぞをる

カタカナ読み

アカネサス|ヒノクレユケバ|スベヲナミ|チタビナゲキテ|コヒツツゾヲル

ローマ字読み|大文字

AKANESASU|HINOKUREYUKEBA|SUBEONAMI|CHITABINAGEKITE|KOHITSUTSUZORU

ローマ字読み|小文字

akanesasu|hinokureyukeba|subeonami|chitabinagekite|kohitsutsuzoru

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

枕詞|恋情

校異

特に無し

寛永版本

あかねさす[寛],
ひのくれゆけば,[寛]ひのくれゆけは,
すべをなみ,[寛]すへをなみ,
ちたびなげきて,[寛]ちへになけきて,
こひつつぞをる,[寛]こひつつそをる,

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました