万葉集3004番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3004番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3004番について

歌番号

3004番

原文

久堅之|天水虚尓|照<月>之|将失日社|吾戀止目

訓読

久方の天つみ空に照る月の失せなむ日こそ我が恋止まめ

かな読み

ひさかたの|あまつみそらに|てるつきの|うせなむひこそ|あがこひやまめ

カタカナ読み

ヒサカタノ|アマツミソラニ|テルツキノ|ウセナムヒコソ|アガコヒヤマメ

ローマ字読み|大文字

HISAKATANO|AMATSUMISORANI|TERUTSUKINO|USENAMUHIKOSO|AGAKOHIYAMAME

ローマ字読み|小文字

hisakatano|amatsumisorani|terutsukino|usenamuhikoso|agakohiyamame

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

枕詞|恋情

校異

日->月【西(右書)】【元】【類】

寛永版本

ひさかたの[寛],
あまつみそらに[寛],
てるつきの,[寛]てれるひの,
うせなむひこそ[寛],
あがこひやまめ,[寛]わかこひやまめ,

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました