万葉集3100番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3100番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3100番について

歌番号

3100番

原文

不想乎|想常云者|真鳥住|卯名手乃<社>之|神<思>将御知

訓読

思はぬを思ふと言はば真鳥住む雲梯の杜の神し知らさむ

かな読み

おもはぬを|おもふといはば|まとりすむ|うなてのもりの|かみししらさむ

カタカナ読み

オモハヌヲ|オモフトイハバ|マトリスム|ウナテノモリノ|カミシシラサム

ローマ字読み|大文字

OMOHANUO|OMOFUTOIHABA|MATORISUMU|UNATENOMORINO|KAMISHISHIRASAMU

ローマ字読み|小文字

omohanuo|omofutoihaba|matorisumu|unatenomorino|kamishishirasamu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

怨恨|皮肉|恋愛|動物|地名|橿原市|奈良

校異

杜->社【元】【類】【温】|忌->思【元】【古】【紀】

寛永版本

おもはぬを[寛],
おもふといはば,[寛]おもふといはは,
まとりすむ[寛],
うなてのもりの[寛],
かみししらさむ,[寛]かみししるらむ,

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました