万葉集2862番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2862番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2862番について

歌番号

2862番

原文

山川|水陰生|山草|不止妹|所念鴨

訓読

山川の水陰に生ふる山菅のやまずも妹は思ほゆるかも

かな読み

やまがはの|みづかげにおふる|やますげの|やまずもいもは|おもほゆるかも

カタカナ読み

ヤマガハノ|ミヅカゲニオフル|ヤマスゲノ|ヤマズモイモハ|オモホユルカモ

ローマ字読み|大文字

YAMAGAHANO|MIZUKAGENIOFURU|YAMASUGENO|YAMAZUMOIMOHA|OMOHOYURUKAMO

ローマ字読み|小文字

yamagahano|mizukageniofuru|yamasugeno|yamazumoimoha|omohoyurukamo

左注|左註

右廿三首柿本朝臣人麻呂之歌集出

事項|分類・ジャンル

略体|植物|序詞|恋情

校異

特に無し

寛永版本

やまがはの,[寛]やまかはの,
みづかげにおふる,[寛]みかけにおふる,
やますげの,[寛]やますけの,
やまずもいもは,[寛]やますもいもか,
おもほゆるかも[寛],

巻数

第12巻

作者

柿本人麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました