万葉集2949番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2949番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2949番について

歌番号

2949番

原文

得田價異|心欝悒|事計|吉為吾兄子|相有時谷

訓読

うたて異に心いぶせし事計りよくせ我が背子逢へる時だに

かな読み

うたてけに|こころいぶせし|ことはかり|よくせわがせこ|あへるときだに

カタカナ読み

ウタテケニ|ココロイブセシ|コトハカリ|ヨクセワガセコ|アヘルトキダニ

ローマ字読み|大文字

UTATEKENI|KOKOROIBUSESHI|KOTOHAKARI|YOKUSEWAGASEKO|AHERUTOKIDANI

ローマ字読み|小文字

utatekeni|kokoroibuseshi|kotohakari|yokusewagaseko|aherutokidani

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

女歌|恋情

校異

特に無し

寛永版本

うたてけに,[寛]うたかへる,
こころいぶせし,[寛]こころいふかし,
ことはかり[寛],
よくせわがせこ,[寛]よくせよわかせこ,
あへるときだに,[寛]あへるときたに,

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました