万葉集3210番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3210番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3210番について

歌番号

3210番

原文

足桧木乃|片山雉|立徃牟|君尓後而|打四鶏目八方

訓読

あしひきの片山雉立ち行かむ君に後れてうつしけめやも

かな読み

あしひきの|かたやまきぎし|たちゆかむ|きみにおくれて|うつしけめやも

カタカナ読み

アシヒキノ|カタヤマキギシ|タチユカム|キミニオクレテ|ウツシケメヤモ

ローマ字読み|大文字

ASHIHIKINO|KATAYAMAKIGISHI|TACHIYUKAMU|KIMINIOKURETE|UTSUSHIKEMEYAMO

ローマ字読み|小文字

ashihikino|katayamakigishi|tachiyukamu|kiminiokurete|utsushikemeyamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

枕詞|動物|序詞|旅立ち|羈旅|恋情|女歌

校異

桧木【元】【類】桧

寛永版本

あしひきの[寛],
かたやまきぎし,[寛]かたやまききす,
たちゆかむ[寛],
きみにおくれて[寛],
うつしけめやも,[寛]うしけめやも,

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました