万葉集3070番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3070番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3070番について

歌番号

3070番

原文

木綿疊|田上山之|狭名葛|在去之毛|<今>不有十万

訓読

木綿畳田上山のさな葛ありさりてしも今ならずとも

かな読み

ゆふたたみ|たなかみやまの|さなかづら|ありさりてしも|いまならずとも

カタカナ読み

ユフタタミ|タナカミヤマノ|サナカヅラ|アリサリテシモ|イマナラズトモ

ローマ字読み|大文字

YUFUTATAMI|TANAKAMIYAMANO|SANAKAZURA|ARISARITESHIMO|IMANARAZUTOMO

ローマ字読み|小文字

yufutatami|tanakamiyamano|sanakazura|arisariteshimo|imanarazutomo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

地名|滋賀県|枕詞|植物|序詞|恋情

校異

令->今【童蒙抄】

寛永版本

ゆふたたみ[寛],
たなかみやまの[寛],
さなかづら,[寛]さなかつら,
ありさりてしも[寛],
いまならずとも,[寛]あらしめすとも,

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました