万葉集2982番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2982番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2982番について

歌番号

2982番

原文

針者有杼|妹之無者|将著哉跡|吾乎令煩|絶紐之緒

訓読

針はあれど妹しなければ付けめやと我れを悩まし絶ゆる紐の緒

かな読み

はりはあれど|いもしなければ|つけめやと|われをなやまし|たゆるひものを

カタカナ読み

ハリハアレド|イモシナケレバ|ツケメヤト|ワレヲナヤマシ|タユルヒモノヲ

ローマ字読み|大文字

HARIHAAREDO|IMOSHINAKEREBA|TSUKEMEYATO|WAREONAYAMASHI|TAYURUHIMONO

ローマ字読み|小文字

harihaaredo|imoshinakereba|tsukemeyato|wareonayamashi|tayuruhimono

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

恋愛|針|紐

校異

特に無し

寛永版本

はりはあれど,[寛]はりはあれと,
いもしなければ,[寛]いもしなけれは,
つけめやと,[寛]つけぬやと,
われをなやまし[寛],
たゆるひものを[寛],

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました