万葉集3089番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3089番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3089番について

歌番号

3089番

原文

遠津人|猟道之池尓|住鳥之|立毛居毛|君乎之曽念

訓読

遠つ人狩道の池に住む鳥の立ちても居ても君をしぞ思ふ

かな読み

とほつひと|かりぢのいけに|すむとりの|たちてもゐても|きみをしぞおもふ

カタカナ読み

トホツヒト|カリヂノイケニ|スムトリノ|タチテモヰテモ|キミヲシゾオモフ

ローマ字読み|大文字

TOHOTSUHITO|KARIJINOIKENI|SUMUTORINO|TACHITEMOITEMO|KIMIOSHIZOMOFU

ローマ字読み|小文字

tohotsuhito|karijinoikeni|sumutorino|tachitemoitemo|kimioshizomofu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

枕詞|地名|榛原|奈良|序詞|恋情

校異

特に無し

寛永版本

とほつひと[寛],
かりぢのいけに,[寛]かりちのいけに,
すむとりの[寛],
たちてもゐても[寛],
きみをしぞおもふ,[寛]きみをしそおもふ,

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました